鶴見ワークトレーニングハウスイメージ01
鶴見ワークトレーニングハウスイメージ02
鶴見ワークトレーニングハウスイメージ03
鶴見ワークトレーニングハウスイメージ04
鶴見ワークトレーニングハウスイメージ05

鶴見ワークトレーニングハウス
つるみわーくとれーにんぐはうす

『はたらきたい』『はたらきつづけたい』を支援します

コンセプト

 精神障害や発達障害・知的障害などを持ちながらも、自分らしく地域で働けるよう支援する障害福祉サービス事業所です。模擬会社形態での各種作業を通じ、地域や企業の方々とのかかわりの中でご利用者個々の生活の質が充実するよう支援しています。

作業特徴

 ファクトリー(縫製、軽作業)、カフェ(厨房、ホール)、クリーン(清掃)、オフィス(事務、経理)などの施設作業をひとつの会社組織と見立てた「模擬会社形態」を通じ、ご利用者の社会復帰のためのトレーニングを実施しています。
 作業は施設内作業に限らず、外部清掃やバザー等の販売活動を始め、カフェや地域交流室貸出では地域の方との交流の機会も多く、作業を行いながら自然と社会性を身につけることができます。

事業内容

① 就労移行支援事業

 一般企業に就職を希望する65歳未満の方を対象に、2年間の利用期限の中で就職に必要な知識やスキルアップのための支援を行います。

② 就労継続支援B型事業

 一般企業等の就職が困難な方へ働く機会を提供するサービスです。雇用契約は結ばず、利用期限なく利用できるサービスです。

③ 就労定着支援事業

 就労移行支援事業所等の障害福祉サービスを経て就職した方が、就職して6か月後から3年間利用できるサービスです。就職後の仕事や生活の悩みに対し、働き方や働きやすい環境への支援を行います。

④ 短期入所

 現在は当施設の就労系事業所を契約している方を対象に、保護者のレスパイトや単身生活の準備としてサービスを提供しています。

事業者情報

指定事業所番号 1410100570
指定年月日 ・就労移行支援:平成22年4月1日
・就労継続支援B型:平成24年4月1日
・就労定着支援:平成30年10月1日
・短期入所:平成24年10月1日
施設長名 栗原 利紀
電話番号 045-582-8055
FAX番号 045-582-8022
電子メール turumi@yoko-fukushi.or.jp
サービス種類・定員 ・就労移行支援:10名
・就労継続支援B型:50名
・就労定着支援:10名
・短期入所:2名(1日)
主な構造・建物面積 RC造 地上4階建て、835.47㎡
苦情解決責任者 栗原 利紀
苦情受付担当者 近藤 正代
第三者委員 大津 幸雄 石田 榮美子

主に精神障害、発達障害、知的障害の方を対象に、一般就労に必要なトレーニングを行なう事業です!

就職はゴールではなくスタートです。

模擬会社形態だから毎日が企業実習と同じで、知らないうちにパワーアップ。

毎日が実習みたいだからこそ出来るリアルタイムの検証と自信回復。

納期や急な受注にもチームで協力し合うから安心です。

作業に取り組むため工賃収入があります。

利用条件

・就労意欲のある方

・服薬や体調の自己管理に取り組める方

・決められた日数を通所できる方 ※少ない日数、半日通所からでもOK!

プログラム内容

基本的労働習慣を身に付けるための「作業プログラム」

・模擬会社形態を取り入れた作業プログラムのため、働く姿勢も人間関係も作業しながら身につけられる実践型トレーニングとなります。

ファクトリー(縫製作業や軽作業)にて、生活リズム・集中力・理解力・遂行力・持続力・コミュニケーション力など、就労するための基本姿勢の訓練や評価を行います。

・希望する職種や課題に合わせ、オフィス(事務や経理)、カフェ(厨房、ホール)、クリーン(清掃)などの専門コースも選択することができます。

・各種作業を通じ、ストレス耐性の構築や安心感、働く喜びの体感を得られます。

社会生活の技術を身に付けるための「座学プログラム」

・ジョブトレーニング

厚生労働省が障害者雇用のために作成した、求職者と事業主との情報共有ツールとして活用できる「就労パスポート」に沿ったテーマを中心に取り組む座学です。その他、履歴書の書き方や面接の練習・企業見学など、継続勤務を目標とした様々なテーマに取り組みます。

・グループプログラム

各グループに分かれ少人数でディスカッションすることで、不安解消のヒントや自己理解・他者理解を身につけます。

費用

・利用料

ご本人または配偶者の前年の所得に応じ、利用料金が発生する場合がございます。
※所得に関しては各行政に確認してください。
※所得割が確認できている方は、直接当事業所にお問い合わせください。

・通所交通費

原則自己負担となりますが、各自治体によっては助成制度が受けられる場合があります。

・昼食代

実費です。昼食は自由で、仕出し弁当を注文することもできます。

就職までの流れ

お問い合わせ
ご利用を検討されている方や質問がある方はお気軽にお電話やメールをください。

見学
施設内をご案内します。心配なことなどお気軽に質問してください。※ご希望がありましたら体験実習も利用できます。

受給者証申請
お住いの自治体にて「障害福祉サービス訓練等給付受給者証」の申請を行なっていただきます。

インテーク面接
病歴、生育歴、職歴など確認させていただきます。

利用契約
利用開始日を決め、利用開始です。

トレーニング
希望する就労条件に合わせた支援計画に基づき、作業や座学プログラムに取り組みます。

求職活動開始
希望される職種等に向けた就職準備が整い次第、関係機関と連携を図りながら求職活動スタート。

就職
就職後も一定期間、直接面談や電話・メール等による継続勤務のためのフォローアップを実施します。
※ご希望の方は、「就労定着支援事業(就職後の職場定着のための支援を実施する事業)」の利用契約も可能です。

一日の流れ

9:00
ラジオ体操
9:15
作業
12:00
昼休み
13:00
作業
16:00
作業終了・全体ミーティング

※昼食時以外の休憩時間は、ご利用者それぞれの体調や目標職種・支援計画に則り、担当職員と相談し時間を決めます。

すでに雇用契約を結び働いているが、主に精神疾患などが原因で休職されている方を対象に復職に必要なトレーニングを行なう事業です。

作業中心のプログラムを通じ、仕事の感覚やリズムを取り戻します。

作業を通じ、自己理解や他者理解を深めます。

作業に取り組むため工賃収入があります。

利用条件

・休職中で、訓練等給付の受給者証を発行できる方

リワークプログラム内容

個別課題と向き合う「作業プログラム」

・模擬会社形態を取り入れた作業プログラムに参加しながら、復職後のイメージと重ねつつ自己理解や他者理解を深めるトレーニングです。

ファクトリー(縫製作業や軽作業)、オフィス(事務や経理)、カフェ(厨房、ホール)、クリーン(清掃)などのコースにて、生活リズム・集中力・理解力・遂行力・持続力・コミュニケーション力などの職業生活の基礎を取り戻し、作業を通じ抽出された個別課題と向き合うための準備を行います。

・各種作業を通じ、ストレス耐性の構築や安心感、働く喜びの体感を得られます。

復職のための気付きにつなげる「座学プログラム」

・リワークミーティング

自由な雰囲気の中で復職の課題に対してのディスカッションを行います。休職中という同じ状況下の方々で集まるため、課題や解決方法もより具体的な意見交換となり、良い相乗効果をもたらします。

・グループプログラム

一般就労の方を含んだ各グループに分かれ、少人数でディスカッションすることで不安解消のヒントや自己理解・他者理解を身につけます。

費用

・利用料

ご本人または配偶者の前年の所得に応じ、利用料金が発生する場合がございます。
※所得に関しては各行政に確認してください。
※所得割が確認できている方は、直接当事業所にお問い合わせください。

・通所交通費

原則自己負担となりますが、各自治体によっては助成制度が受けられる場合があります。

・昼食代

実費です。昼食は自由で、仕出し弁当を注文することもできます。

復職までの流れ

お問い合わせ
ご利用を検討されている方や質問がある方はお気軽にお電話やメールをください。

見学
施設内をご案内します。心配なことなどお気軽に質問してください。
※ご希望がありましたら体験実習も利用できます。

受給者証申請
お住いの自治体にて「障害福祉サービス訓練等給付受給者証」の申請を行なっていただきます。

インテーク面接
病歴、生育歴、職歴など確認させていただきます。

利用契約
利用開始日を決め、利用開始です。

トレーニング
希望する就労条件に合わせた支援計画に基づき、作業や座学プログラムに取り組みます。

復職面談
復職条件をクリアし次第、企業の復職面談に必要なレポート作成等の準備を行い、復職面談に備えます。

復職
復職後も必要に応じ、直接面談や電話・メール等による継続勤務のためのフォローアップを実施します。

一日の流れ

9:00
ラジオ体操
9:15
作業
12:00
昼休み
13:00
作業
16:00
作業終了・全体ミーティング

※昼食時以外の休憩時間は、ご利用者それぞれの体調や目標職種・支援計画に則り、担当職員と相談し時間を決めます。

主に精神障害、発達障害、知的障害の方を対象に働く機会を提供し、生産活動を通じご利用者の「できること」に着目した支援を行います。併せて充実した地域生活を送れるよう関係機関と連携した支援も行う事業です!

働くことの喜びを実感できます。

得意な作業を一緒に見つけよう。

苦手なものも得意なことで、みんな支え合いましょう。

作業に取り組むため工賃収入があります。

利用条件

・自分の意思で作業に向かうことができる方

・ひとりで通所できる方

・服薬の自己管理ができる方

・決められた日数を通所できる方 ※週5日通所を目標にできる方

プログラム内容

自分に合うことがきっと見つかる!「作業プログラム」

ファクトリー(縫製作業や軽作業)では、一般企業や様々な団体から受注した作業を行います。自主製品を製作し、地域で開催されるバザーにて直接販売も行います。

カフェ(厨房やホール)では、施設に併設された石窯ピザとパスタのお店「カフェ・こっとーね」にて接客や調理補助を行います。地域のお客様に笑顔も届けます。

クリーン(清掃)では、地域交流室などの施設内清掃を中心に、病院清掃や公園清掃などの外部清掃も行います。丁寧な清掃で館内はいつもピカピカです。

オフィス(事務や経理)では、各種作業の伝票作成や発送・検収業務、地域交流室の貸出し受付も行います。丁寧な対応を心掛けています。

社会で充実した生活を送れるための「余暇プログラム」

・グループプログラム

運動やボードゲームなど各自興味のある活動に参加し、日頃の作業からの気分転換やご利用者同士のコミュニケーションを深める機会として行なっています。

・所外活動

年1回、全員参加での施設外活動を行います。

・その他プログラムとして、外部講師による衛生講座等も不定期で開催します。

費用

・利用料

ご本人または配偶者の前年の所得に応じ、利用料金が発生する場合がございます。
※所得に関しては各行政に確認してください。
※所得割が確認できている方は、直接当事業所にお問い合わせください。

・通所交通費

原則自己負担となりますが、各自治体によっては助成制度が受けられる場合があります。

・昼食代

実費です。昼食は自由で、仕出し弁当を注文することもできます。

ご利用までの流れ

お問い合わせ
ご利用を検討されている方や質問がある方はお気軽にお電話やメールをください。

見学
施設内をご案内します。心配なことなどお気軽に質問してください。
※ご希望がありましたら体験実習も利用できます。

体験実習
約2週間の体験実習にて、ご利用に適した環境か確認します。

受給者証申請
お住いの自治体にて「障害福祉サービス訓練等給付受給者証」の申請を行なっていただきます。

インテーク面接
病歴、生育歴、職歴など確認させていただきます。

利用契約
利用開始日を決め、利用開始です。

一日の流れ

9:00
ラジオ体操
9:15
作業
10:30
休憩(10分)
10:40
作業
12:00
昼食
13:00
作業
14:30
休憩(10分)
14:40
作業
16:00
作業終了・全体ミーティング

当施設の施設長

栗原 利紀

JR鶴見駅より徒歩5~6分の場所にある施設で、周辺には駅前から続く豊岡商店街や豊岡小学校、郵便局などがあります。賑やかで活気のある商店街から一歩入ると静かな住宅街となり、そのような落ち着いた雰囲気の中で、一般就労やご利用者が自分らしく働くことができるよう支援させていただいています。施設内には作業種目として営業している「カフェこっとーね」や地域の方も利用できる「地域交流室」の受付や清掃を行うなど、作業を通じて地域との自然な交流を行っています。

LINEでのお問い合わせはこちら

LINEにてこの施設に入居や採用などの問い合わせをするには、下記のQRコードより「友達追加」をして、お問い合わせください。

友だち追加

求人情報

当施設の募集職種

・職業指導員(常勤)

・職業指導員(パート職員A)

・職業指導員(パート職員B)

・職業指導員(契約職員)

カフェこっとーね秋ドルチェ♪

2021年9月9日:鶴見ワークトレーニングハウスブログ

屋上草むしりと剪定作業

2021年9月7日:鶴見ワークトレーニングハウスブログ

就労移行8月のグループプログラム

2021年8月31日:鶴見ワークトレーニングハウスブログ