2021年5月19日|鶴見ワークトレーニングハウスブログ

ものづくりの風景、縫製室

鶴見ワークトレーニングハウスの布製品は、お客様から「とても丁寧な縫製ですね」と

ありがたいお言葉を頂く機会がございます。

鶴見製品のクオリティは、ご利用メンバーさん達の基本に忠実な姿勢と集中力によって

日々培われているんです。

今回は、鶴見のものづくりの現場の、ほんの一部をご紹介いたします。

 

 

 

こちらが縫製室。布製品の裁断・縫製・仕上げをするお部屋です。

 

 

 

 

今日は継続B事業をご利用のメンバーさんが、受注品のオーガンジー袋を作っています。

薄くて扱いづらい生地なのですが…

熟練の手さばきで、注文通りに縫製していきます。

 

 

 

お隣りのミシンでは、受注品の集金袋を作っています。

口布部分の幅がズレていないか、丁寧に確認します。美しい仕上がりのコツです。

 

 

 

 

先日は自主製品エプロンのポケットを付けましたよ。

鶴見の縫製品は、まち針での仮止めや、チャコペン等は使いません。

 

確かな正寸と、目打ちによる合印、ご利用メンバーさんの集中力によって、手際よく縫製されます。

 

 

 

 

さて、こちらは別の自主製品の仕上げ作業です。わたを詰めていますね。

わた…? ねこちゃん…?

 

 

 

おや…こちらのミシンでも謎の自主製品?が作られているようです。

平行四辺形…?

 

 

ねこちゃん…?と平行四辺形…?の謎は、また後日お届けします!

 

 

 

 

お知らせ

2022年6月25日
「埋地ミニ夏まつり」ご案内
横浜市不老町地域ケアプラザブログ
2022年6月24日
作品展示のお知らせ
横浜市不老町地域ケアプラザブログ
2022年6月24日
車いす寄贈
横浜市不老町地域ケアプラザブログ
2022年6月24日
すわ湖のほとりから遊びに来て下さいました☆
佐久療護園ブログ
2022年6月23日
【報告】第2回かんたんスマホ教室を開催しました!
横浜市不老町地域ケアプラザブログ