採用イメージ

育成・教育について

横浜社会福祉協会の礎を担っているのはスタッフ一人ひとりです。
個の成長が、かけがえのない大切な財産であると考え、スタッフ一人ひとりの
意欲と能力を最大限に引き出すための、きめ細かい教育体制を設けています。

目標支援制度

区切り線

目標という共有ツールであなたと法人の成長が繋がる、繋がるから共に成長できる。

横浜社会福祉協会には独自に構築した育成支援制度があります。
ひとりひとりの思いを丁寧に聴くこと、努力と成長の目線を共有することが組織の成長に繋がる。
そしてその成長努力は地域へのより良い貢献につながると私たちは信じています。

目標という共通のツールで組織と個人の成長をリンク

職員が努力したいポイントと、上司が評価すべきポイントの目線を合わせることで、努力と評価が適切に連携。
職員は評価者との「目標設定面談」「中間確認面談」「期末の評価面談」を経て努力の経緯と結果を共有します。

成長曲線イメージ

基準の明確化と活躍のフィールド

働く中で、どの段階にいるのか、何を求められているのか。
きちんとわかるから進められる、共有できる。

基準の明確化イメージ