横浜社会福祉協会では、天神ホームなどの特別養護老人ホーム、健康で安心な暮らしをサポートする「地域ケアプラザ」などを運営致しております。

横浜市不老町地域ケアプラザ
不老町地域ケアプラザ トップページ
地域活動交流支援
地域包括支援センター
居宅介護支援
通所介護
 (デイサービス)
→今日のデイサービス
事業計画・報告
予算・決算

個人情報保護
ご意見ダイヤル
ご意見・苦情受付
利用者アンケート
第三者評価結果
 
 〜 衛生害虫について 〜
衛生害虫の中でもトコジラミ(ナンキンムシ)は、発生の原因や駆除の方法があまり知られていません。
ここでは、その情報発信をしていきます。



     トコジラミ

 
 トコジラミは、過去には南京虫(ナンキンムシ)と呼ばれていました。南京虫と呼ばれていたことには諸説がありますが、現在はトコジラミと言われています。名前にシラミとはつきますが、いわゆるシラミの仲間ではなくセミやカメムシの仲間に属します。
 現在では、あまり聞き慣れない方も多いとは思いますが、近年住宅の密閉性の進化や、これまでの薬剤では退治できない新種の発生などで、各所で流行しています。
 ダニやゴキブリと間違われやすく、幼虫は体長約2mmほどで、成虫になると約5〜8mmになります。色は褐色で、寿命は9か月から1年になります。
 羽は退化していて飛べませんが、動きがとても速く、人や荷物について移動します。昼間は狭い隙間に潜み、夜間はい出してきて就寝中の人に吸血します。身体を清潔に保っていても、吸血します。


 トコジラミの見分け方、咬まれた場合の対処方法、駆除方法、そして予防方法までを、資料としてまとめました。
 こちら に詳細をまとめています。写真等も載せていますので、ダウンロードしていただき、パソコン上でご確認いただくか、印刷して参考にしていただけたらと思います。


 また、当施設では、トコジラミを中心とした衛生害虫の対策が、在宅介護支援者にとってのスタンダードプリコーション(標準予防策)となることを願い、支援者の予防策についても情報発信していきます。
 支援者の皆様は こちら をご覧下さい。


 衛生害虫に関するお問い合わせは、
 横浜市不老町地域ケアプラザまでお問い合わせ下さい。



※ 本文の無断改変使用を禁じます。
※ こちらの資料やホームページの内容は営業・販売目的での使用を禁じます。

マイナビ
〒231-0032 横浜市中区不老町3丁目15-2
TEL:045-662-0161 FAX:045-662-0192
2013 © yokohamashakaifukushikyoukai All Rights Reserved.