当協会についてイメージ

法人沿革

昭和27年7月
横浜市南区中村町に宿泊施設を開設
昭和29年12月
宿泊施設を宿所提供施設に変更
昭和31年5月
財団法人横浜労務者福祉協会設立
昭和34年5月
名称を財団法人横浜社会福祉協会に変更し、福祉診療天神診療所を新設
昭和37年12月
宿所提供施設を廃止し、救護施設天神寮定員80名を設置
昭和42年12月
本館を建設、救護施設天神寮定員100名を増設し、定員180名となる。
昭和49年9月
新館を建設、特別養護老人ホーム天神ホーム定員50名、ショートステイ6名を新設
昭和53年1月
社会福祉法人の設立認可を受け、経営を移管する.但し、天神診療所は引き続き財団法人の経営
昭和56年4月
長野県南佐久郡佐久町に身体障害者療護施設千曲園定員50名を新設
平成元年4月
長野県諏訪市に身体障害者療護施設霧ケ峰療護園定員50名を新設
平成元年4月
横浜市鶴見区に精神障害者通所授産施設鶴見ワークトレーニングハウス通所者20名を新設
平成3年4月
長野県南佐久郡佐久町に身体障害者療護施設佐久療護園定員87名、ショートステイ4名を新設
平成4年5月
横浜市中区新山下に特別養護老人ホーム新山下ホーム定員54名、ショートステイ16名を新設
平成4年5月
横浜市中区新山下に横浜市新山下地域ケアプラザ デイサービス35名を新設
平成8年7月
横浜市中区不老町に横浜市不老町地域ケアプラザ デイサービス35名を新設
平成10年10月
天皇皇后両陛下が特別養護老人ホーム新山下ホームを行幸される。
平成11年11月
横浜市南区永田南に横浜市永田地域ケアプラザ デイサービス44名を新設
平成12年4月
横浜市南区南太田に特別養護老人ホーム南太田ホーム定員60名、ショートステイ40名デイサービス20名を新設
平成12年11月
横浜市中区本牧原に特別養護老人ホーム本牧ホーム定員60名、ショートステイ40名を新設
平成16年7月
横浜市天神ホームを横浜市南区浦舟町の浦舟複合福祉施設内へ移転し、定員72名、短期8名に定員変更する。
平成18年4月
救護施設天神寮を救護施設清明の郷に名称変更し、定員190名に定員変更する。
平成24年4月
障害者支援施設 千曲園 全面改築工事 完了
障害者就労支援型施設 鶴見ワ-クトレ-ニングハウス 新築工事 完了
平成28年4月
横浜市保土ヶ谷区上菅田に特別養護老人ホーム梅の木ホーム定員100名、ショートステイ20名を新設
平成28年10月
特別養護老人ホーム本牧ホームは定員80名、短期20名に定員変更する。
平成29年8月
特別養護老人ホーム南太田ホームは定員80名、短期20名、デイサービス35名に定員変更する。
平成30年11月
障害者支援施設 旧)霧ヶ峰療護園は長野県諏訪市渋崎に移転し、名称を「すわ湖のほとり」と改称する。
平成31年3月
特別養護老人ホーム新山下ホームは定員62名、短期8名に定員変更する。
平成31年4月
特別養護老人ホーム横浜市天神ホームは定員74名、短期6名に定員変更する。
令和元年10月
本牧ホーム内の居宅介護支援センターが移転・独立し、名称を「しえんて関内」と改称する。
令和2年4月
横浜市中授産所を受託し、就労移行B型事業所「なかワークトレーニングハウス」(定員20名)と改称