• ホーム>
  • 当法人におけるコロナウイルス感染拡大防止への対応について

当法人におけるコロナウイルス感染拡大防止への対応について

2020-02-26

令和 2年 2月26日


当法人におけるコロナウイルス感染拡大防止への対応について

社会福祉法人 横浜社会福祉協会
理事長 小林 進

 

 横浜社会福祉協会では、コロナウイルス感染拡大防止への対策として、各施設以下の様に
対応して参ります。この、警戒のレベルにより行政・保健所等と連携を図り、対応について
留意いたします。  また、この対応は新型コロナウイルスの感染が終息するまでの間、
行うことといたします。

 

【法人共通事項】
①  施設をご利用される方すべてに行政・保健所等の指針に則り、基本的な手洗い、消毒の
  励行及び体温測定の実施をいたします。
②  入所施設では、特別な理由がない場合、ご親族を含め面会は控えていただきますよう、
  施設からお願いをさせていただきます。
③  特別な理由でご面会を希望される方には、受付でアルコールによる消毒やマスクの着用
  を義務付け、体温測定を実施させていただきます。これらを拒否される方につきましては
  面会をお断りさせていただきます。
④  業者様など外部の方については、受付でアルコールによる消毒やマスクの着用を義務
  付け、体温測定を実施させていただきます。

 

【救護施設】

① 理由があり居室階に行かれる場合には、共通事項のとおり対応をいたします。

② ご利用者の外出について制限させていただきます。

 

【特別養護老人ホーム】

① 理由がありご面会される場合には、共通事項のとおり対応をいたします。

② ご面会される際は、面会時間の短縮にご協力をお願いします。

 

【障害者支援施設】

① 施設内への立ち入りは原則、職員と医師以外は禁止といたします。

② 業者の納入につきましては、玄関での対応とさせていただきます。

③ 通所利用の事業については、ウイルス感染者が発生した場合には中止といたします。

 

【地域ケアプラザ 居宅介護支援事業】
①  地域交流室等でおこなう自主企画事業について、一部中止させていただきます。
  (不特定多数参加の講座等)
②  マスクの着用については、症状が出ている方を優先的に使用させていただきます。
  (各ケアプラザで在庫がわずかであり、発注が困難なため)
③  サービス担当者会議について原則、電話やFAX等で対応させていただきます。
  特別な理由により会議を開催しなければならない場合には、共通事項のとおり対応いた
  します。
④  ご利用者のモニタリングについては原則、電話やFAX等で対応させていただきます。
  必要に応じご利用者のお宅に訪問しなければならない場合には、共通事項のとおり対応
  します。

 

【就労移行・就労継続支援施設】
①  通所利用者ご本人とご家族へのコロナ感染症の周知文(厚労省の文書も添付)を配布
  させていただきます。
②  地域交流室については、地域ケアプラザの貸館対応を参考に、利用については利用団体
  の判断にお任せすることと、共通事項どおりの対応を周知いたします。
③ ボランティアの皆様及び来館者(施設見学者等)に関しては、通常通り受け入れ、
  共通事項のとおり対応をいたします。

 

【生活援助員派遣事業】
① 訪問により安否確認をおこなっている場合には、原則電話での安否確認とします。
② 相談室にてご利用者に対応する場合については、共通事項のとおり対応いたします。

 

以  上